前へ
次へ

膝には大きな負荷がかかることが多い

高齢者になりやすい変形性膝関節症には、膝関節特有の動きや負荷のかかり方が問題となっていることがあります。
まず膝関節は「太もも」の骨でもある大腿骨と「すね」の骨でもある脛骨の継ぎ目にある関節です。
これが歩くときに必要な動きを作っているので、人間は二足歩行をすることができるといえます。
膝には前面に膝蓋骨があり複数の骨が互いに接触することによって、大きな摩擦がおきて痛みを発症してしまいます。
若いころには軟骨の影響もあり摩擦が起きても痛みなどを感じませんが、スムーズな動きをしなくなったり加齢によって痛みがでてきます。
膝の軟骨は摩擦を防ぐためについていうので、外傷によってケガをしてしまうと同じように変形性膝関節症に繋がってしまいます。
膝周りの筋肉が硬くなっていることも多々あるために、ストレッチやマッサージによって緩めることで痛みが軽減することもあります。
しかし、酷い場合には外科的な手術をすることになるので、早めに相談をすることです。

Page Top