前へ
次へ

吐血をしたときどんな病気が疑われるか

体の中を流れている血液は日常生活をしている分にはほとんど外部には出てきません。
不要になった血液は腎臓でこされて尿となって排泄されるので、その時は血液の色はなくなっているでしょう。
もし体のどこかから出血がある時には出血元で異常が発生している可能性があります。
吐血は口から血を吐く症状で、歯磨きをしているときなどに歯茎から出たりするものとは異なります。
比較的多くの赤い塊、水分の塊が出てくるので初めて経験した人はびっくりするでしょう。
吐血の原因としては消化器における出血と呼吸器による出血が考えられます。
吐血物によって何となくわかるかもしれません。
消化器系の異常による吐血だと食べ物などが混じるときが多いです。
胃などから出血が起きていて胃潰瘍などの病気が疑われます。
咳と一緒に吐血があるなら呼吸器系の異常かもしれません。
肺に何らかの病気が発生している可能性があり、食べ物などが混じることはありません。
気泡があるのが特徴と言えるでしょう。

Page Top