前へ
次へ

吐き気や嘔吐があるなら原因を知って対処

お酒を飲み過ぎて吐き気をもよおすときがあるかもしれません。
これは食べすぎや飲み過ぎが原因で、

more

医療看護に求めるのは共感である

医療看護を受けるにしても、些細なことでも気軽に相談できる開かれた看護の提供であって欲しいものです。<

more

予防医療のエキスパートとも言える保健師の仕事とは

医療機関で働く看護師の仕事が病気の治療や回復をサポートすることであるのに対して、保健師の主な仕事は、

more

呼吸困難に慢性的なものと急性のもの

呼吸はあまり意識をして行うものではないでしょう。
しかし呼吸困難になると自然にできる呼吸ができなくなり非常に苦しさを感じます。
慢性的に呼吸困難になるときは肺などに異常がある可能性があり、一定の治療が必要になります。
ぜんそくなどでも起きることがあるので、医療機関を受診するようにしましょう。
普段は特に呼吸困難を感じていない人が急に起きるときがあります。
食事中に起きるのが食べ物をのどに詰まらせるのを原因にしたものでしょう。
正月などは餅を詰まらせるケースが多いので注意が必要になります。
詰まっているものをとりだせれば症状は無くなります。
医療機関に行くまでもないかもしれません。
食事中に特に詰まらせているわけでもないのに呼吸困難になったとしたらアレルギー性の疾患が疑われます。
その人にとってアレルギーになるものを食べた時に起こることがあり、ひどい時は死に至るときもあるので適切な対処が必要です。
ストレスなどがたまりすぎることで呼吸困難になるときもあります。

Page Top